FC2ブログ

日々是人財

日々是人財 ホーム » 
◇採用戦略 ◇人手不足対策 ◇働き方改革 ◇後継者育成 ◇リーダーシップ ◇従業員診断 ◇チーム分析 ◇次世代幹部育成 ◇行動分析学に基づくパフォーマンスマネジメント ◇Gallup社認定ストレングスコーチ※さあ、才能(じぶん)に目覚めよう ストレングス・ファインダー ◇人事評価制度・賃金制度 ◇ハラスメント ◆お問い合わせは info@acco-sr.com

令和2年6月施行・パワーハラスメント防止

本日は、令和2年6月から施行される、
パワーハラスメント防止対策の法制化についてお知らせします。

職場における「パワーハラスメント」の定義が、法律に規定されました。
そして、
令和2年5月に取りまとめられた
「精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会」の報告書を受けて、
パワーハラスメントの認定基準、
「業務による心理的負荷評価表」の改正が行われました。

これまで、上司や同僚等から、嫌がらせ、いじめ、暴行を受けた場合には、
「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、は暴行を受けた」の出来事で評価していたが、
「心理的負荷評価表」を次のように改正し、パワーハラスメントに
関する事案を評価対象とする「具体的出来事」などを明確化しました。

【強いストレスと評価される例】
〇上司等から、治療を要する程度の暴行等の身体的攻撃を受けた場合
〇上司等から、暴行等の身体的攻撃を執拗に受けた場合
〇上司等による、人格や人間性を否定するような、
  業務上明らかに必要性がない精神的攻撃が執拗に行われた場合
〇心理的負荷としては「中」程度の精神的攻撃等を受け、
  会社に相談しても適切な対応がなく、改善されなかった場合

心理的負荷による精神障害の労災認定基準の改正概要
https://www.mhlw.go.jp/content/11201000/000634904.pdf

自社ならではの求人戦略について

本日は、自社ならではの求人戦略について。を書きたいと思います。

人手不足が長きにわたり、
求人のノウハウが飽和状態を迎え。。
求人についてのご相談もすくなめに。。

最近、また少しずつお声がけいただきつつあります。
はじめはご支援できることがあるのかしら?とおそるおそるでございました。

しかし。
実際にお話をお伺いし、
求人票を拝見させていただいていますと、
いくつかご支援できることがあります。

在職者・求職者が感じている自社の「良さ」を認識していない。
求職者が知りたいことを書ききることができていない。
求人票と実際に来てほしい時間の不一致 等々。

離職率が高い場合、
求人票が問題なのか、それとも。。。
全ての会社に一律に効く特効薬はありませんです。

少しずつお話を聞きながら
求人票の前後を視野にいれた
自社ならではの求人戦略が大切と感じています。
※2020年1月6日から ハローワークの求人票が変わりました。

行動分析学に基づくパフォーマンスマネジメント
◆お問い合わせは info@acco-sr.com




幹部の強みを生かすパフォーマンスマネジメント

本日は、幹部の強みを生かす
パフォーマンスマネジメントについてお話します。

いつもの流れから。。

 このことを解決したい。でも、ほかにもさまざまな問題が。。
 解決策もあるんだけど。どこから手を付けたらいいか。。
 という状態をかかえてご相談にお出ましになります。

 かかえていること・お考えを大切にしながら
 あっちだこっちだ脱線しながら、いろいろなお話をお伺いします。

 現在のお困りごととともに・今までの課題解決の方法・今後の課題解決の見通しのお話
 をお伺いしていますうちに、幹部の強みが明らかになってきます。

 幹部の強みのなかには、考え・感情・願いも入っています。
 行動分析学では「考える」も行動です。
 幹部の考え・感情・願いを視野に入れた設計が大切です。
 
望ましい行動が起きていないときは
困った人・自分だなぁ。から距離を置き、

行動が起きるような「仕組み」のアシストを入れる。
強みを持つ「他者」のアシストを入れる。
困った感情をとじこめることなく受け入れ、
そのままかかえながら、もいちど「トライ」してみる。
他で発揮している強みを、今回の課題解決に応用できないかと考える。
※「むりやり動かす」は反発大きく、成長にはつながりませんです。
  我慢忍耐も、困った行動を大きくしてしまうことがあります。
  早めの「ちょこっと介入」が大切です。


行動分析学に基づくパフォーマンスマネジメント
◆お問い合わせは info@acco-sr.com


パワーハラスメントに関する法律が可決・成立(労働施策総合推進法)

パワーハラスメントに関する法律が可決・成立しましたのでご案内します。

ハラスメントは
会社の規模関係なく、セミナー依頼やご相談を受けることが多い問題です。
さまざまな情報が流れすぎたための弊害が増加していて、心を痛めております。
会社も上司も部下も。
この機会にぜひ、正しい理解をしていただきたいと願っています。

セミナー依頼・ご相談はこちらへどうぞ。
遠方の場合はスカイプでのご相談も承っています。
info@acco-sr.com


女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律について

◇ 国の施策に「職場における労働者の就業環境を害する言動に起因する問題の解決の促進」
(ハラスメント対策)を明記【労働施策総合推進法】

◇パワーハラスメント防止対策の法制化【労働施策総合推進法】
① 事業主に対して、パワーハラスメント防止のための雇用管理上の措置義務(相談体制の整備等)を新設
  あわせて、措置の適切・有効な実施を図るための指針の根拠規定を整備
② パワーハラスメントに関する労使紛争について、都道府県労働局長による紛争解決援助、紛争調整委員会による
  調停の対象とするとともに、措置義務等について履行確保のための規定を整備

◇セクシュアルハラスメント等の防止対策の強化【男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、労働施策総合推進法】
① セクシュアルハラスメント等に起因する問題に関する国、事業主及び労働者の責務の明確化
② 労働者が事業主にセクシュアルハラスメント等の相談をしたこと等を理由とする事業主による不利益取扱いを禁止
※ パワーハラスメント及びいわゆるマタニティハラスメントについても同様の規定を整備

詳しくはこちらを。
https://www.mhlw.go.jp/content/000486033.pdf

働き方改革のヒント(働き方改革好事例集)

開業以来、「実労働時間短縮」を幹部の皆さんと進めつつ、
「人手不足対策」「働き方改革」においても多くのご相談を受けてきましたが、
最近では、自社で既に何らかの方策を取っておられるものの・・なかなか思うようにいかない。
というご相談が主になってきています。

まずは他社事例をあたってみたい!かたは。
以下のような資料がありますのでご覧くださいませ。

2019年3月、厚生労働省 中小企業庁が
働き方改革のヒント(働き方改革好事例集)を作成しました。
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/katsuryoku_kojyo/choujikan_wg/dai8/sankou2.pdf

有給休暇への対応
◇ワンストップショールームで業務効率改善
「株式会社マエダハウジング」(広島県/建設業(リフォーム)/87名)
◇社員の声から時間単位年次有給休暇制度を導入
「株式会社新長崎製作所」(長崎県/製造業(ボイラー・タービン部品製造)/120名
◇工夫と助け合いで繁忙期の負担も軽減
「喜久水酒造株式会社」(長野県/酒類の製造及び販売業) 他

長時間労働是正への対応
◇労働環境改善で休日増・残業減
「株式会社ピアライフ」(滋賀県/不動産業/27名)同一労働同一賃金への対応
◇IT活用、「残業ゼロ」を目指す
「株式会社サカタ製作所」(新潟県/金属屋根部品製造/130名)
◇社員が未来志向の会社へ
「株式会社フジワラテクノアート」(岡山県/醸造機械・食品機械業/135名) 他